We Found 6 Listings
Viewed Listings
Filter Tags: Brand: BOSTON WHALER
BOSTON WHALER 190 OUTRAGE
ボストンホエラー アウトレージ19
3,300,000 JPY (≈28,900 USD) (≈413,588,600 IDR) (≈120,750 MYR) (≈375,950 SCR) (≈390,850 TRY) (≈5,860,000 LKR) (≈224,950 HKD) (≈2,202,700 рублей) (≈38,950 SGD) (≈446,400 MVR) (≈1,265,550 MUR) (≈1,482,900 PHP) (≈34,387,500 KRW) (≈42,500 NZD) (≈25,350 EUR) (≈40,100 AUD)
  • Registration Year : 1991
  • Size (ft) : 75
  • Engine Type : OUTBOARD
  • Engine Type : OUTBOARD
  • Fuel Type : PETROL
  • Engine Brand : スズキ
  • Engine Model : 14001F
  • Strokes : 4
  • Horsepower (Hp) : 140
  • Total Engines : 1
  • Condition : Engine(s) can start
  • Beam (m) : 2.7
  • Material Hull : FRP
1991年(平成3年)登録のアウトレイジ19は、国内でも多分20艇程度の出回り数ではないかとのことでした。  オーナーさんはおおよそ20数年前からこの艇など複数台のボストンホエラーを所有されてきました。  特にこの頃のハルの形状がとても優れているらしく、買い替えできない一つの要因となっているそうです。  また売却は、一度手放してしまうとなかなか入手が難しいと思いながらも幾度となくお考えになられたようですが、今日まで所有されてきたとのことです。  「ボートはあくまで釣りのための道具」とおっしゃられるオーナー様は、ボストンホエラーの使い勝手の良さや、安定感、安全性、航行性能をフル活用してボート&フィッシングライフを楽しんでおられます。  また、すべては釣りのためということで、魚の血が目立たないように純正色からグレー(ミリタリー調)に7~8年前に塗り替え、日差しを遮るために自作にてビミニトップを骨組み、布地から切り出して、無骨な感じではなくスマートに合理的に作られておりました。他にもスタン部分からの海水の侵入を防ぐための造作やライブウェルの追加艤装、ロッドポストなど工夫されておりました。    19フィートながら限定沿海でも25海里までの範囲となっているので、燃料タンクの約220リットルと相まって相当遠くの海域まで足を延ばされていたようです。近場のアジ釣りから、沖でのマグロやカジキなども相当量をこの艇で釣られてきたそうです。  エンジン(スズキ4サイクル140馬力)はおおよそ10年前に新品に載せ替えられたそうですが、(船外機のプレート未確認の為、後日確認します)なかなか釣りに出かけられなかったり、仲間のボートに乗って釣りに出かけたりと使用時間はあまり伸びてはいませんで、約430時間とタコメータによる時間指針となっておりました。  燃費は22ノットくらいの巡行で時間当たり40リットル弱は余裕とのことでした。   ◆試乗させていただきました、波は1mくらいでした。 当初19フィートに140馬力というとスタンヘビーな感じもしましたが、ご存知のようにボストンホエラーは船体自体に浮力があり、また喫水も深めなので係留状態でも、走行時でも安定しています。  この日は、32ノット超の速度を軽く出しましたが、海況がよければそれ以上出るそうです。微速からの立ち上がりは結構早いです。 同乗者がいる場合が多いので実際には22ノットくらいでの航行が標準ではないかと思われます。 22ノット巡航では、走りはとても「滑らか」です。独特なVハル形状により潮かぶりはほとんどなく、全て後方から横方面に逃がしていました。深めのV型の船底が最後部まで来ていることや船底の厚さから、波あたりもこの艇独特の「切り込みながら当たって波を砕いていく」感じは国産艇とは違った感じといえると思います。 是非ご検討賜りたくお願い申し上げます。 ◆中古艇ドットコムは、個人売買サイトです。いつものお約束で恐縮に存じますが、現状での販売です。売買契約締結、引き渡し後のクレームやキャンセル、アフターフォローや品質保証は一切ありませんので、ぜひご見学いただき十分確認、納得いただいたうえでご購入いただきますようお願い申し上げます。  引き渡し場所は、現オーナー様の保管場所が起点となります。 個人売買ですので、消費税はかかりませんが、名義変更は購入者様ご負担でお願い申し上げます。  ご自身では不安な場合は、ベテランさんや場合によってはメカニックさんなどを同伴されるのも良いかと思います。  個人売買は、業者さんからの購入とは違い、「売主さんの都合」が発生しますので、業者さんから購入されるのが良いのか個人売買でも大丈夫なのか、その点も良くご検討されていただきますようお願い申し上げます。